肺がんnet

  1. ホーム
  2. 肺がんってどんな病気?

肺がんってどんな病気?

肺がんの主な症状とは?
肺がんとは肺にできるがんのことで毎年多くの方が肺がんによって亡くなっています。肺の器官、気管支、肺胞の細胞ががん化して発症します。周囲の組織を破壊しながら増えていき、血液、リンパの流れによって広がっていく恐ろしい病気です。日本人の死亡理由ではがんの中で最も多く早期発見が何よりも大切です。 主な症状として、咳、体重減少、痰、血痰、胸の痛みがあります。他に階段の上り下りをしたときに息切れや息苦しさを感じることも症状の一つです。がんが進行してから治療を始めるのでは遅いため早期発見が治療の第一歩なのですが、初期の症状は風邪やたばこのせいだと勘違いされやすいです。そのため咳や痰が長期にわたり続いたら風邪やたばこだと思わずに医療機関に相談することをお勧めします。 肺がんには種類があります。女性に多く、症状が出にくい腺がんや発症者のほとんどが喫煙者の扁平上皮がんなど場所によって名称が変わります。増殖のスピードが速いがんもあるため注意が必要です。
肺がんにならないためには?
一番の原因はたばこです。喫煙者はたばこを吸っていない人に比べて肺がんにかかるリスクが高いです。そのためまずは禁煙をすることが予防に繋がります。たばこ以外にも不規則な生活習慣やストレスも肺がんの原因の一つです。そのため生活習慣の見直しをして健康的な習慣を身に付けることが大切です。 他にもがんによく効くとされる食材を摂取することも重要です。抗酸化作用のある食材を摂ることでがんに対抗する免疫力が上がってがん予防になります。トマトに含まれるリコピンや赤ワインやブルーベリーなどのポリフェノールが効果的です。食べすぎや飲みすぎは体に悪いのでほどほどを目安に摂取しましょう。また、カロテノイドと呼ばれる栄養素もがん予防に効果大です。カロテノイドには抗酸化作用があり、肺を守る働きがあるとされています。主にニンジン、パパイヤ、マンゴー、赤ピーマンに多く含まれています。ですが、ただ食事に気を付けていればかからないわけではないので定期的ながん検診を忘れずに受けましょう。

こちらもチェック

トップへ戻る