肺がんnet

  1. ホーム
  2. 肺がん検査当日の流れと注意点

肺がん検査当日の流れと注意点

肺がんのPET検査とはどういうものか
肺がんの検査にはこれまでレントゲン検査や、さらに精密な胸部CT検査などが行われてきました。そして最近では、放射線物質を用いるPET検査が、多くの医療機関で行われるようになっています。PET検査では、放射能を含んだ検査薬を注射し、その後、検査薬が体内から放射する放射線をカメラで撮影します。医師はその映像を観察し、がんの有無やがん細胞の大きさ、良性か悪性かなどの診断を行います。さらに転移状況の確認もできます。またこの検査では、がんだけではなくブドウ糖代謝機能の異常も発見できます。使われる検査薬は、放射性物質を糖に結合させた成分です。放射能という言葉から、不安になる場合もありますが、身体に負担をかけることはありません。現在がんの治療中であれば、治療効果が現れているかどうかの確認にもなります。これまでの検査では、ある程度がんが成長してから発見されましたが、この検査では従来の検査が見落としていた小さな早期がんも、発見することが可能です。
PET検査の流れ
PET検査では検査薬を注射後、全身を撮影するため、前もって準備が必要です。検査を行うにあたっては、検査の約6時間前から食事を避けるようにします。水分以外摂らないようにし、実質、絶食をすることになります。特に、ブドウ糖の代謝が検査に影響を与えてしまうため、糖分を含む飲み物などを飲んではいけません。検査薬を静脈注射した後は、1、2時間ほど安静にし、検査薬が全身に行き渡るのを待ちます。寝る必要はありませんが、なるべく身体を動かさないようにします。そしてPET装置に横になり、撮影を行います。撮影そのものはおよそ30分で終了しますが、絶食の時間も入れると、検査全体では半日以上かかるため、前日には休養しておく必要があります。PET検査は、全国の専門検査施設で受診できます。ただし、日本ではまだ広まっていないのが現状で、ごく一部の疾患以外、保険医療と認可されていません。しかしPET機器を導入し、7万件以上の検査実績を持つクリニックもあります。

こちらもチェック

トップへ戻る